製品詳細

製品詳細
製品詳細

データ処理システム/
MD6000

◆資料ダウンロード
スペックシート

MD6000データ処理システムはプロセス入出力装置(EC1107A)をベースとしたデータ処理システムです。 プロセス入出力装置はプロセスデータの入出力処理を行うと共に警報判定処理を行い、高信頼性警報監視システムを構築できます。
特徴

■計装規模に応じたシステム構築が可能
用途に応じた各種ユニットを選択し、構成するため、計装規模により各種I/Oの増減が自在です。

■容易な操作性
HMI(ヒューマン・マシン・インタフェース)にパネルコンピュータ、FAパーソナルコンピュータを用い、 容易な操作性が確保されています。

■階層的システム構成が可能
HMIとデータ収集監視部の機能が分割されています。HMIがダウンしても警報監視は継続しますので信頼性の高い監視システムが実現できます。

仕様
電気的仕様定 格 電 圧100/240V AC 50/60Hz
電圧許容範囲85~265V AC
消 費 電 力 130VA以下
許容瞬停時間1サイクル以下
耐 電 圧1500V AC 20mA 1分間 (充電部端子とFG端子間)
絶 縁 抵 抗500V DCで10MΩ以上 (充電部端子とFG端子間)
環境仕様使用周囲温度5~50°C (電源ファン取外し時は5~40°C)
使 用 周 囲 湿 度10~85%RH(ただし最大湿球温度は 29°C以下で結露のないこと)
保存周囲温度-10~60°C
保 存 周 囲 湿 度 10~85%RH(ただし最大湿球温度は 29°C以下で結露のないこと)
パネルコンピュータ外観仕様保 護 構 造IP65f相当(NEMA #250 TYPE 4X/12、 フロントUSB未使用時のみ、パネル取付時のフロント面)
外 形 寸 法 38W×286H×168D(mm)但し、突起部は含まず
質 量9.0kg以下(本体のみ)